ハイヤーとタクシーの大きな違い

運転手付き貸し切り自動車と定義されているハイヤーは、タクシーと違って街中の道路などで流し営業を行うことがありません。基本的に車庫で待機していて、予約されたスケジュールに沿って乗客を乗せて移動することを目的としている乗り物です。もともとは賃貸、もしくは貸すという意味の英単語であるhireから作られた日本独自の和製英語です。最近では、英語として通じるリムジンサービスとも呼ばれることもあります。

ハイヤーは道路運送法という法律において、タクシーと同じ一般畳用旅客運転事業のひとつに分類されています。道路運送法が制定されたあとに制定されたタクシー業務適正化臨時措置法という法律では、タクシーのように空車の状態で道をゆっくりと運転する、いわゆる流し営業を行うことは禁止されています。そのため、ハイヤーは基本的に前もって予約の連絡をもらい、予約時に伝えてもらった内容に沿って運転をしてくれます。また、タクシーは所属している会社の文字やロゴ、記号もしくはタクシーという文字などを車両にはっきりと表示することが決められています。

料金の支払い方法も大きく違います。タクシーは料金メーターが乗客から分かるところ、一般的には運転席のそばに置かれています。タクシーの運転手は、利用客を乗せて走りだすと同時にメーターを稼働させます。メーターは乗客が連れて行ってほしい、目的地までの走行した距離と時間に応じて、基本料金から決められた金額が加算されていき、メーターを止めた時点の料金を乗客は支払います。

これに対してハイヤーの場合は、車庫から出庫し戻ってくるまでのトータルの距離、時間が料金に含まれています。会社やサービス内容によっても違いますが、ハイヤーは時間制や半日貸し、1日貸しなど、期間や距離で区切った料金体系となっています。そのため、タクシーのように通常の料金のほかにも、予約の際に迎車料金や場所によっては冬季料金といった割増料金は発生しません。また、利用者は法人や官公庁などの団体が多いこともあり、タクシーではほとんど対応をしていない請求書による後払いが可能なことも特徴のひとつです。

ハイヤーの運賃はタクシーと比べると割高というイメージが強いでしょう。ところが、実際にはタクシー料金よりも安くならないように設定する必要がある、と決められているのみで、サービスの内容などによっては、タクシーとほとんど同等の料金で利用することも可能なケースもあります。