ハイヤーの利用方法とは

ハイヤーは、タクシーと違って街中で思い立ったら乗るということができません。また、ほとんどが都市部の会社所属となっているために、地域によっては目にする機会もほとんどないという人もいるでしょう。そのため高級なタクシーというイメージが強く、混同されることも多いかもしれません。実際には、タクシーとハイヤーは乗用車に利用したい人を乗せて、希望する目的地まで運ぶという目的そのものは同じですが、サービス内容や営業形態などにおいて大きな違いがあります。

もっとも大きな相違点は、タクシーは流し営業が認められていて、ハイヤーは流し営業は禁止されていることが挙げられます。あらかじめ予約をしないと利用ができない仕組みになっています。タクシーは、利用者が乗車して降車するまでの時間と距離による計算で、メーターにより料金が算出されます。ハイヤーはメーターではなく貸し切りなので、車庫から出て、車庫に戻ってくるまでのすべての行程、時間を含めた料金がかかります。

ハイヤーにはさまざまなサービスがありますが、大まかに分けるとスポット契約と長期契約の2種類があります。スポット契約とは、時間単位、1日単位など、その時限りの契約で乗客を乗せる契約のことで、最低2時間単位で利用ができます。たとえば特別な記念日にとっておきのサービスを受けたい、大事なお客様を空港に送迎をしたい、観光名所を巡りたいといった用途で、希望する日時のみ短期間で利用ができます。そして個人で利用をしたいと考える場合にはスポット契約を利用すれば、前もっての契約等は不要です。近年では、インターネットによっても申し込みができる会社もあり、個人にも身近な存在となっています。事前に相談をしておけば、車種やルートの希望を聞いてもらえたり、観光ガイドができる、外国語が話せるなどのドライバーの希望も聞いてもらえたりなど、利用者の希望に添ったサービスの提供を受けることができるのが大きな魅力です。

長期契約は、毎日行われる会社重役の送迎など月ごとや年単位や、長期に亘って継続してサービスを利用する場合の契約です。法人や官公庁、団体などよる利用が多い傾向です。事前に会社と契約を結んだ後に、サービスが提供されることが特徴で、利用者は請求書が発行された後、料金を支払う形式になります。長期契約の場合は、単発のスポット契約を繰り返すよりも、割安の料金設定がされている会社も存在しています。