ハイヤードライバーになるためには

今注目を集めている職種のひとつが、ハイヤードライバーです。タクシーと同じく、乗客を乗せて移動する手段ですが、どこでも思いついたら気軽に利用することができるタクシーと違って、あらかじめ専門の会社に予約をしておく必要があります。貸し切りで利用することが基本となっているのが大きな違いです。

冠婚葬祭など特別な時に利用されたりする他にもさまざまケースで利用されています。たとえば海外の要人やビジネス関連の賓客、有名人や政治家などVIPと呼ばれる方々が乗客となることが多いことが特徴です。そのため、使用される乗用車は、国産もしくは外国のハイエンド車種や、人数が多くても対応できるバンの上位グレード種、そして日本ではほとんど見かけなることがない珍しい高級車種も用いられています。

近年、都市型と呼ばれるハイヤーが誕生し、訪日外国人が増えたことにともなって、ハイヤーに対する需要が非常に高くなってきています。インターネットや雑誌などでも取り上げられ、ドライバーの求人情報も多く見かけるようになりました。

ハイヤーには高級感や格式が高い対応を求められるために、乗用車だけでなくドライバーにも、当然ふさわしい資質が求められます。求人の際に求められる条件は会社によっても若干違いますが、まずは運転が好きであること、運転の経験が豊富であり、道路交通法を順守するセーフティドライブに加えて、高度な運転スキルを有していることはもっとも基本的な事項です。

都市型の場合は特に、街中を中心に運転することになりますので、刻々と変わる道路の混雑などの交通状況に合わせて、その都度臨機応変な対応ができることも求められます。また、お客様に合わせて心配りを行うなど、高度な接客スキルや、接遇マナーなども身に着けておく必要もあります。そのため転職として、ドライバーを目指す方は、前職に接客や販売など、コミュニケーションスキルが必要とされる、サービス職の経験がある方が有利とされることも多いです。

ハイヤードライバーとしての求人条件としては普通免許が必須です。入社後に会社の研修を受けて、ハイヤードライバーの心構えや、必要な技術を身に着けていきます。数か月の研修の中で、会社独自の制度を利用して2種免許を取ることができます。研修内容は会社によって違いますが、ハイヤードライバーに特に必要とされる接遇マナーやホスピタリティに重点が置かれていることが多く、英会話なども行われるところもあります。